脱毛ができない皮膚疾患

皮膚がんを発症している場合、美容脱毛を受けることはできません。
皮膚がんには、表皮が盛り上がったような形になる有刺細胞がんや
黒から灰黒色の結節ができる基底細胞がんなどの様々な種類があります。
悪性黒色腫(メラノーマ)もメラノサイトの悪性腫瘍で皮膚がんの一つになります。

また、毛斑細胞というメラニン色素をもつ細胞の増殖巣からなる
良性の皮膚病変を母斑細胞性母斑といいます。
ホクロも母斑細胞性母斑のひとつです。

大きさによってはアザと呼ばれることもあります。
メラニン色素をもっているため、黒や褐色または青色をしています。
皮膚が隆起していてこぶ状になっているのや、平らで色素だけ見られるものがあります。

成人であれば誰にでもホクロを数個は持っています。
ときにホクロから毛が生えてくることがあります。
ホクロから生えている毛に有効な脱毛は切ることです。
針脱毛では細胞を増殖させホクロを大きくしてしまう可能性があり、
レーザーではやけどしてしまうので脱毛ができません。

また母斑のうち20cmを超え、硬い毛の生えているものを獣皮様母斑といいます。
この状態の皮膚も美容脱毛は禁止されています。
ホクロの場合と同じで針脱毛であれば細胞の増殖を促し、レーザーにおいてはやけどの原因となります。

こちらの場合も切るより方法がありません。
針脱毛においては、シミや日焼け後の色素沈着などの脱毛は可能です。

しかし、自分自身でシミなのか母斑なのか区別がつかない場合には
必ず医師の診断を受けたうえで美容脱毛を受けることをお勧めします。