病院で出来る脱毛(レーザー脱毛編)

レーザー脱毛といっても、レーザーの種類は一種類だけではありません。
病院によって設置されている機械も様々です。
機械によって少し痛みが軽減されるものなどがありますが、
脱毛への根本的なアプローチは同じものになります。

レーザーは、黒色などの色の濃いものに対して反応し熱を発生させます。
簡単に言えば濃い色のものを焼いているのと同じ状態を作ります。
脱毛では表面から出ている毛に対してダメージを与えるのではなく、
根本である毛母細胞、毛根自体にダメージを与えます。
毛が生えてくる根本にダメージを与えることで毛が生えてこなくなるのです。

レーザー脱毛の場合、濃く太い毛ほど痛みが激しくなります。
薄くて細い毛ほど痛みは少ないです。

また、レーザーは色の濃いものに反応しますのでホクロやシミ部分の脱毛はできません。
レーザーによる脱毛を行っても、一度の施術で全ての毛を脱毛しきることはできません。
それは、毛には毛周期といわれるものがあるからです。

現在、活動中である毛根に対してのみ効果があります。
私達の毛は見えている毛だけが全てではありません。
毛根自体が休んでいる状態であれば毛は生えていません。
休んでいる毛根も、やがて活動を始めます。
活動中のみ効果があるので、何か月または何年か通って脱毛することが必須となります。

レーザー脱毛は、むだ毛を生やしていく必要がないので女性にとっては嬉しい脱毛法です。
また、一回の施術時間が短いのも魅力の一つといえるでしょう。