病院で出来る脱毛(光脱毛編)

光脱毛は、何種類かの光が複数出る機械を使っての脱毛法となります。
毛根、すなわち毛母細胞である毛の生えてくる根本部分に有効的な光を選りすぐり、
また肌には無害な光を作り出します。

レーザー脱毛と光脱毛の違いは、光脱毛の方が少し出力が弱いために
効果が出るまでには時間がかかるということです。
しかし、光の当てられる範囲はレーザー脱毛よりも広く時間がかなり短縮されます。

また、レーザー脱毛よりも出力が少ない分痛みも軽減されます。
ですので、一度レーザー脱毛を体験してみたけれど、
痛くて我慢が出来なかったという人には光脱毛はお勧めの脱毛法となります。

また、レーザー脱毛では濃い色のものに対して反応しますが光脱毛はメラニンに対して反応します。
毛の根元である毛母細胞にはメラニン色素が含まれていますので、
そのメラニンに反応して周辺の細胞にダメージを与えていくのです。

このメラニンも、毛根がお休みの状態の時には存在しませんので、
活動中の状態の毛根にしか光のダメージを与えることはできません。
ですから、完全に脱毛が終了するまでには時間がかかります。

これは、レーザー脱毛も同じことです。
また、むだ毛を生やしておく必要がないのもレーザー脱毛と同じ部分になります。
施術方法で違うのは光脱毛では冷却ジェルを光を照射させる前に塗布することです。
レーザー脱毛と光脱毛とでは料金も施術の時間も痛みの感じ方も変わってきます。
料金で選択しても良いでしょうし、より痛みの少ない方を選んで脱毛するのも良いでしょう。